座間市のむさし歯科医院
HOME>無痛インプラント

無痛インプラント

静脈内鎮静法を用いた痛くないインプラント治療
眠っている間にインプラント
眠っている間にインプラント

寝ている間に治療が終わるという鎮静法です。生体モニターを使用し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の
全身状態を厳重に監視しながら全身コントロールも行います。

全身麻酔とは異なるので、少しお酒に酔ったような状態であったり、寝る直前のうとうとした状態のように感じたりします。それにより、不安な気持ちになったり、ストレスを感じずに済むので、落ち着いて治療を進めることができます。

また、時間間隔も鈍くなるので、早く治療が終わったように感じたりする点も大きなメリットです。

様々な無痛インプラント治療がございますが、最も痛みを感じにくい方法のひとつであると言えます。
ただし、あくまで鎮静法なので、局所で鎮痛剤を用いることもございます。

治療を終えたら、15分ほど休憩していただいてからのお帰りとなります。