座間市のむさし歯科医院
HOME>ホワイトニング


ホワイトニング

ホワイトニングとは
ホワイトニングとは少しずつ溜まった汚れが、歯の色そのものを変色させてしまい、歯の黄ばみが気になっている方や、ご自身の元々の歯の色よりも白くしたいという方にお勧めの治療です。

技術も進歩した現在では、痛みや不快感はなく、リラックスした状態で治療して頂け、 施術を受けられる度に白くなる歯にきっとご満足頂けます。
ホワイトニングの種類
ウォーキングブリーチ
ウォーキング・ブリーチとは神経を除いた歯にも対応している漂白方法で、歯の中に漂白剤(30%過酸化水素水と過ホウ酸ナトリウムの混合物)を入れて、歯の中から象牙質の着色を落とし、白くする方法です。 保険の適応もあるので、比較的安価に行え、効果も出やすいのが特徴です。

歯の根の治療がしっかり施されていることが前提となりますので、根の治療が必要な場合には、 まずその治療を完成させてから行います。
 
ホームブリーチ
ホーム・ブリーチとは個人用のマウスピースを作成し、そこに薬を入れて一日数時間、数日間装着し、歯の表面から漂白する方法です。
(症状によって使用時間が異なります。)

自宅でできる処置なので、比較的簡便なのが特徴です。

ただ、患者様が自己管理の元で行う治療ですので、規定時間以上に使用してしまうことで歯の表面が弱くなるなどの弊害が出る可能性がありますので、注意が必要です。
 
オフィスブリーチ
オフィス・ブリーチとは歯科医院で、直接術者によって歯に薬を塗って歯の表面から漂白する方法です。(通常2、3回以上行います。症状によって回数が異なります。)

術者が医院で行う治療ですので、過剰な使用によって歯を傷つけたりする心配はありません。

治療時間内に効果を見ることができるのも一つの利点と言えるでしょう。 この他にも、漂白剤を加熱したり、レーザーを照射する方法などもありますが、作用機序はほぼ同じと言えるでしょう。
ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

メリットアイコン歯を削らずに白くできる。
メリットアイコン1回の来院で白くできる。
メリットアイコン透明感のある自然な白さになる
メリットアイコンセラミック治療に比べて安い。
 
デメリット
デメリットアイコン白さを保つために定期的なメンテナンスが必要。
デメリットアイコン白さに限界がある。
デメリットアイコンもともとの歯の色がかなり濃い場合、
       効果が薄い場合がある。
Beyond ホワイトニングシステム
ホワイトニングは、その術式自体は非常に簡単で、術者の技術の差による結果の違いはほとんどありません。

クリニック内で「システムとしてのホワイトニング」が存在するかがポイントとなります。
Beyondシステムは、短時間で安全にホワイトニングを行います。
Point1・・・10分-10分-10分 連続3回(1回の来院につき)
Point2・・・ホワイトニングで使用するライトから発熱がほとんどないので、安全