座間市のむさし歯科医院
HOME>最新のインプラント

CTスキャン

今後CTスキャンはなくてはならないシステム
CT

当院では、インプラント治療にCTスキャン撮影を利用しています。 CTスキャンをインプラント治療に導入することで、従来のX線レントゲン(2次元レントゲン)にはない、3次元(3D)のスキャン撮影ができます。 それにより、小さな病変を発見することや、今まで経験からしか判断が付きにくかった厚みや奥行き、神経との距離感などを把握できるようになり、インプラントを埋入する角度等、精度を高めることが可能となりました。
より安全で正確性の高い治療を行うことが可能となったと言えます。

インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶうえで、CT撮影・診断を導入しているかは、ひとつの判断基準と言えるでしょう。
最新のコンピュータ技術を用いて、事前にインプラント治療のシュミレーションを行い成功率を高めることは、より正確で安全なインプラント治療を行うには必須で、今後CTスキャンはなくてはならないシステムとして認知されてくると思われます。

 

All-on-4(1dayインプラント)へ