座間市のむさし歯科医院
HOME>最新のインプラント

ノーベルガイド

3D画像による治療計画から外科手術、補綴治療までの一貫した治療システム
ノーベルガイド

NobelGuideMとは患者様の負担を軽減し、予知性・安全性を更に向上させた画期的なインプラント治療に用いるシステムです。

(3D画像による治療計画から外科手術、補綴治療までの一貫した治療システム)

NobelGuideMは、インプラントの治療計画から埋入までの一連の歯科インプラント治療をより安全で正確に行うための臨床応用システム です。

 

 

患者様のCTスキャン(3Dデジタルレントゲン)データ

もとに非常に精度の高いサージカルテンプレート(PC上で事前にシュミレーションするガイド)が作製でき、より安全性に優れたインプラント埋入を可能にします。
これにより、歯肉を切断しないフラップレス術式を可能にし、負担を軽減します。
また、事前に上部構造(上にかぶせるもの)を作製することができるため、時間が短縮され、インプラントを埋入した日に新しく機能する歯で、食事をできるようになります。

 

負担の軽減
外科治療は、侵襲性の低い方法に基づいて手術が行われます。従来の治 療方法と比べて痛みや腫れが軽減され、通院回数が減少し、診察 時間も短縮されます。そのため、日常生活への影響が少なくて済みます。
費用と時間の節約
“歯の無い期間を無くす“即時負荷のコンセプトに基づいているため、治療後すぐに仕事や 普段の生活に戻ることができます。そのため、多くの方にとって、 費用と時間の大幅な節約になります。
迅速な治療
手術時に用意できる補綴物(プロビジョナルまたはファイナル)と即時負荷 のコンセプトを組み合わせることにより、治療プロセスが短縮されます。

 

プロセラ・システムへ