座間市のむさし歯科医院
HOME>よくあるご質問

よくあるご質問

インプラント治療をして身体に影響はありませんか?
体に全く影響はありません。
インプラントに使われる金属であるチタンは世界中でも最もアレルギーの少ない金属と言われています。

骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。
インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。
インプラント手術は、安全で十分な麻酔の下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。
インプラント治療中に仮歯は装着できますか?
できましたら抜糸する2週間後ぐらいから装着することをおすすめ致します。
仮歯は手術当日から装着することは可能ですが、埋入部位に過度の刺激を加えたくないため、 できましたら抜糸する2週間後ぐらいから装着することをおすすめ致します。
インプラント治療期間中に食事は普通にとれますか?
抜糸をしてから歯肉が治ってきたら普通に日常の食事は大丈夫です。
手術後、当日から4日目ぐらいまでは柔らかいものをお勧めします。
抜糸をしてから歯肉が治ってきたら普通に日常の食事は大丈夫です。
仮歯や仮の入れ歯は装着できるよう計画を立てておりますのでご安心下さい。
インプラントはどれぐらい持ちますか?
インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。
インプラント自体はチタン製なので半永久的に機能します。
しかし、お手入れが しっかりできていないと天然歯と同様に歯槽膿漏のような状態になり、インプラント周囲の骨がやせてきてグラグラ動いてしまいます。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れが欠かせません。